\受付中/[食物アレルギー児のこそだて]食物アレルギーのある暮らしが少しでもラクになるように、体験談を聞いてみよう

「女性のためのピアサポート交流会」第12回目は「食物アレルギー児のこそだて」。

「食物アレルギーサークル にこにこ」さんがお届けします。

誤食の不安や、毎日の除去食作りに、周囲に理解してもらえないことへのモヤモヤ、
子どもの成長を感じる一方で、年齢が上がるとその分、目の届かないことへの心配も。

情報は沢山あるけれど、実際にどんな工夫をすると気持ちがラクになるのか?

ピアサポーターから体験談を聞きながら、同じ悩みや想いを持つ仲間同士でお話しましょう。

協力団体について

「食物アレルギーサークル にこにこ」

食物アレルギーの子を持つ親同士が、情報交換を兼ねながら気兼ねなくおしゃべりができる場があれば良いなという想いで2015年にスタートしたサークル。

おしゃべり会のほか、例年クリスマス時期に親子イベントを開催。エピペン保持者も複数。

東京都国立市を中心に活動中。

団体の取材記事:「食物アレルギーで泣き泣きの毎日を、ニコニコに」

開催概要

[日時]2月16日(木) 10時~12時(講座・交流会)

[対象]食物アレルギー児を育てる女性

[内容]ミニ講座・交流会

[託児]6名(年齢不問・先着順)

[場所]きよせコワーキングスペースことりば

※参加費無料

申込はこちら